◆ドイツの自然療法セミナー

 

内容:

薬草療法、ホメオパシー、温泉治療、クナイプ治療、アロマセラピー、泥パック、デトックス、自己治療法など、ドイツの自然療法の全てを紹介します。講師は、ドイツから来日しているホリスティック専門家、マンフレッド・クラメス先生(日本語堪能)。こうした数々の療法の知識をどのように実用的に使うかも解説します。あなたに基本知識があったとしても、このセミナーには実際に役立つ情報が満載です。ふるってご参加ください!

 

日程: 未定

場所:地下鉄・溜池山王駅より徒歩30秒

    *赤坂溜池クリニック http://www.holisticmedicine.jp/access.html

費用:4,000円(資料込み、お茶込み、税込)

お申込:zentai310@gmail.com

お問合せ:(有)サンイチマル 03-3576-0079 

 

 

 

◆ドイツから直送!

セルフケア用薬草入り商品の代理店募集 説明会

 

内容:

メディカルハーブの本場ドイツでは、ハーブティーや入浴剤、オイルなどの自然療法品がドラッグストアで安く販売されており、誰でも症状に合わせて購入し使うことができます。しかし日本で、これらの輸入品を利用するのは高価なため、どうしても継続使用が困難になってしまいます。そこで、ドイツにはどういう製品があり、どのように購入するか、そして代理店になるにはどうしたらいいのか――その方法と条件、ビジネスプランについての説明会を行います。講師はドイツのホリスティック専門家 、マンフレッド・クラメス先生(日本語堪能)。ハーブ製品の効果や自己治療法についての解説もあります。

 

日時:未定

場所:地下鉄・溜池山王駅より徒歩30秒

    *赤坂溜池クリニック http://www.holisticmedicine.jp/access.html

費用:1,500円(数種類のハーブティー試飲付き)

お申込:zentai310@gmail.com

お問合せ:(有)サンイチマル 03-3576-0079 

 

 

教育案内

「全人医療(全体的医学)の基礎知識」

Step 1:  Mini Seminar

3時間の集中的な入門コース

場所:主に東京。関西と北海道でも開催予定。

時間:土曜日15:00—18:00(日にちは間もなく告知)

料金:5,000円(税込・資料込み)  *限定30名

 

テーマ:

1)心身症の場合、なぜ西洋医学では限界があるのか。統合医療はどのように取り入れられるのか。ドイツ及びヨーロッパの医師達の成功の秘密とは。

 

2)全人医療(全体的医学)を毎日のクリニック業務で容易に使う方法。そのエビデンスと実践について。

 

3)東洋医学の主なメリットと基本。どの部分、どの症状に役立つか。欧米と日本の一番の違いは何か。

 

4)ある症状(病気)に罹りやすい、または罹りにくいタイプについて。人間の体質と個性の基本知識。

 

5)心身症の主な原因について。自己治療法と、患者さんへのアドバイスの方法。または、回復に参加させる方法。

 

このミニセミナーは非常に実用的であり、情報の質が高い内容です。さらに深く勉強したい方には次のコースがあります。 

このセミナーに適した方

心から癒し及び医学を通して困っている人を助けたい医師、歯科医師、臨床心理士、看護師(例外としてそれに関する大学生と治療家)。よって患者さんを製薬で治療する以外に何かをしてあげたい、または症状的なアプローチより人間を全体的に理解してアドバイスしてあげたい方々 

 

 

Step 2  one-month seminar(年に2回行います)

SPRING COURSE 日程は未定 

 

・限定12人

・授業料(テキスト代込み) : 59,000円(税別) 

・場所 :未定

 

・申込方法 : お問い合わせのメッセージ欄に、希望の日付を明記してお送りください。 こちらから、お支払い方法、セミナーの詳細、場所の地図をお送りします。

もしくは、こちらから直接ご連絡ください。zentai310@gmail.com

 

!!お申し込みは、遅くても1週間前までに。予習(読書)に1週間が必要です。テキスト(152ページ・1800円)を無料でお送りしますので、必ず、住所を書いてください。

 

TEL :  セミナーの内容について 090-9072-9104(江口)

      支払・場所等について   090-3045-8087(佐藤) 

 

1回目の授業の後に、宿題が出ます。独学とレッスンの組み合わせは、一番、実用的で経済的な学習法です。学んだことを深く理解し、身につけるためには独学が必要です。


1pOint Advice

全体的な問診がどうしても必要な患者さんに、医師が対応できないことが多いというのが現在の日本の実情です。ほとんどの医師は、それを認めています。したがって、信用できる専門カウンセラーと協力することが、医師及び病院にとっても大変有用なことであり、こうした協力体制の必要性はこれからの日本でますます高まっていくでしょう。